『DEEP 18th IMPACT』
日時:2005年2月12日(土) 17:30開場、18:30開始
会場:後楽園ホール
『DEEP』オフィシャルサイト:http://www.deep2001.com/

第8試合 フェザー級戦 5分3ラウンド
前田吉朗
(パンクラス稲垣組)
今成正和
(team ROKEN)
(3R 5:00、判定/0-1ドロー)







試合の感想はいかがですか?
前田吉朗:まぁまぁ。あんなもんですね。

今日、今成選手と闘ってみてどうでした?
前田吉朗:ん〜、まぁ、強いとか弱いとかは分からないですけど、やっぱ寝技のプレッシャーとかっていうのは、相変わらず凄いっスよね。

お互いスタイルが違うので、動けない状況、出せない状況がありましたけど?
前田吉朗:でもなんか、良い感じの緊張感って言うか。やってても、これ一つミスしたら極められるなとか、一つチャンスがあったら倒せるなとか思いながらやったから、今日は面白かった。

普段とはまた違った駆け引きがありました?
前田吉朗:何か、珍しく凄い心理戦的な闘い方でしたよね。

観客もそれが分かって、盛り上がるところは盛り上がっていました。
前田吉朗:どうなんですかね? お客さんが何を思うかは僕の知ったところではないんで。

今成選手も飛び掛って来たり、途中、ジャンプしながらの蹴りが入ったりとか、ああいうのはどうでした?
前田吉朗:いや、別に特には。ああ、来たかと。

足とかも取られたりしました。滑り込まれて、足を掴まれたり。
前田吉朗:足取られましたっけ? 足はそんなにヤバいところはなかったです。三角とかの方がヤバかったんじゃないですか?

猪木・アリ状態でのキックが出来なかったことについては?
前田吉朗:まぁ、それは承知でやっているルールなんで、しゃあないですね。

今回も寝技にはほとんど付き合おうとしませんでしたが、それは前回手を合わせた時に寝技のプレッシャーを感じたからですか?
前田吉朗:いつものことですね。はい。

三角はヤバいなと?
前田吉朗:思いますよ。

特に打撃のプレッシャーは?
前田吉朗:あんまりないっスね。むしろいくらでも殴って来てくれみたいな。迂闊でした。

むしろ向こうは来なかったぐらいでした?
前田吉朗:まぁ、お互いまた違うからしょうがないですよ。

今日は決めるとしたら、どんな技で決めようと思っていました?
前田吉朗:パンチとかしかないですよね。

今成選手のディフェンスにあってましたが?
前田吉朗:結構当てたと思いますよ。

今までの試合の中で、自分自身では一番キツい試合だったと思いますか?
前田吉朗:思ったより、案外簡単に逃げさせてくれるなとか。自分が想像していた寝技のレベルよりかは低いと言うか。

パイシャオン選手と比べてという事ですか?
前田吉朗:まぁ、そういうことなんですかね。想像していたよりかは硬くはなかったです。

判定は一票今成選手に入りましたが、どう思いますか?
前田吉朗:良いんじゃないですか。判定とかは別に僕が決めることじゃないですからね。

ドローという結果には満足ですか?
前田吉朗:いや、まぁ、ドローになるんだったら、ドローじゃないですか。

今後の目標は? こういう大会に出たいとか、こういう選手と闘いたいとか。
前田吉朗:取りあえずやっぱ強くなることですよね。どこに出るとかじゃなく。自分自身が強くなかったら、どこに出ても仕方ないですよ。

ベルトに関してはいかがですか?
前田吉朗:弱い人間がベルトを巻いても仕方ないですからね。

今成選手とは、もう闘いたいくないですか?
前田吉朗:お互いそう思ってるんじゃないですか?

さっきは楽しかったと言ってましたが、今までと比べてどうでした?
前田吉朗:何か変な緊張感がありますね。基本的には試合はいつも楽しいと言うか、終わってみれば楽しいですよ。

今成選手は、何度か寝た状態で挑発的な動きをしてきましたが、1回目、2回目、3回目で心理的な変化はありました?
前田吉朗:そんなにしているのは分からなかったですね。




試合はドロー判定でしたが。
今成正和:そうですね。まぁ、良かったじゃないですか。負けなくて(笑)。

1票取りました。
今成正和:あぁ、良かったんじゃないですか、それはそれで。分かんないっス。よく分からなかったです。

前田選手はどうでした?
今成正和:まぁ、そうっスね。言うほど強くなかったかな〜って(笑)。

お互いに手数が出せなかったような感じでしたが。
今成正和:ん〜そうですね。もの凄く噛み合わなくって。試合終わった後、『もう無いね』って話をしましたね(笑)。

お互いのスタイルの違いが問題でしょうか?
今成正和:ん〜、そうですね。両極端な感じがして。ん〜、噛み合わないっスよね。

それでも、途中で打撃を出したりとかしました。
今成正和:そうですね。何となく変な、誘い出すような構えをしてるんで、向こうが。みんな、その対戦相手も、今までの対戦相手の気持ちが分かると言うか、何と言うか。打撃でいっちゃいけないんだけど、打撃でいきたくなっちゃうような、何かこう、構えをされるって言うか、そういう感じですね。

ちょっと乗ってみようかなとか。
今成正和:乗ってみようかな? ん〜、そうですね。ちょっと乗ってみましたね(笑)。痛かったです。足が痛いです。

逆に自分から寝て、ちょっと挑発みたいなものもありましたが?
今成正和:あぁ、そうっスね。まぁ、痛かったんで、足が(笑)。ん〜、まぁ、寝技をしてくれれば嬉しいなと思ったんですけどね。やっぱりあんましたくなかったみたいですね。

打撃を受けたと思いますが、どうでした?
今成正和:ん〜、そうですね・・・まぁ、でも、思ったほど凄まじいっていう感じじゃないですね。レミギウス(・モリカビュチス)とか、ああいう方が多分、打撃で言ったら凄いんじゃないですかね。

試合前、「総合はあっち(前田選手)の方が上」と言ってましたが、やってみてどうでした?
今成正和:やってみて、僕が1(ポイント)で、向こうが0なんで。僕の方が上なんじゃないですか(笑)。そうは思わないすけどね、あんまり。まぁ、上って言うか、下って言うか、あんまり何にもないって言うか、違うって感じですね(笑)。

前田選手は「緊張感があって面白かった」と言ってました。
今成正和:そうですか。僕もまぁまぁ面白かったですね。何て言うんだろう、緊張感の中に笑いがあるような(笑)。

「笑い」とはどういう意味で?
今成正和:何だろう・・・ちょっとした、何かこう、意思の疎通と言うか。そういうのが試合中に何かあって。ん〜、まぁ・・・あんま無いっスからね、そういう何かって。まぁ、日本人対決ならではって感じなのかも知れないですね。そういうのは。外国人選手とは、あんまそういうのってないですからね。

前田選手は「もうやりたくない」と言ってましたが。
今成正和:そうですね。僕もあんまりやりたくないですね(笑)。

観てる限りでは、2人の意思の疎通があったような感じでしたが、何でそういう言い方になるのでしょうか?
今成正和:まぁ、お互いやりたいことさせてくれないっていうのがあるんじゃないですかね。でも、試合自体は割とスリルある感じがして面白いんですけど、ただ、決着付かないと思うんですよね。いつまでも、何かこう。やりたいことだけやってるんで。2人とも(笑)。

どっちかが引かないと駄目でしょうか?
今成正和:そうですね。なかなか。まぁ、だからそれはもう無いかなっていう感じですね。

前回、手を合わせた時と比べて、今回はどうでした?
今成正和:ん〜、どうですかね。まぁ、ルールが違うので。より何だろう、暴力的になりましたね(笑)。

三角絞めで一回捕まえましたが、手応えはいかがでした?
今成正和:そうっスね。もうちょっと暴れてくれなかったら極めれたと思うんですけどね。なかなか暴れっぷりが良いんで、外れちゃいましたけど。

他に極めることが出来そうだった技は何かありました?
今成正和:何ですかね。十字とかですかね。そのあたり。



第6試合 契約体重なし 5分2R
太子郎
(パンクラスMEGATON)
石井淳
(超人クラブ)
(1R 0:56、KO)




見事なKO勝利でした。
太子郎:そうですね。納得いく結果だと思います、はい。

序盤から打撃の展開でしたが、試合プランはそういう感じでした?
太子郎:そうですね。前回が不甲斐なかったので、今回の試合で良い結果を出せればと思って。1週間前に、今度は祖母が亡くなって、試合もちょっと、もしズラせるならズラしてもらえないかっていう話をしたんですけど。でも、自分の中では気持ちも整っていたので、良い結果が出せました。去年に続き祖母が亡くなって。こんなに良い結果になって感謝してます。

相手の石井選手の印象は?
太子郎:そうですね。やっぱり圧力が。大きい選手なんでね。(自分は)まだ試合経験が浅いし、弱いので。もっともっと練習して上を目指したいですね。

上という話ですが、具体的には?
太子郎:そうですね。やっぱりテレビに映るような、メジャーな場で試合をしたいと思います。

試合をしてみたい選手は?
太子郎:いや、もう特に。もう挑戦者なんで、皆さんの胸を借りるつもりでやっていきたいと思います。



第5試合 83キロ契約 5分2R
三浦広光
(パンクラスTOKIN)
藤沼弘秀
(荒武者総合格闘術)
(2R 5:00、判定/0-3)






試合を振り返っていかがですか?
三浦広光:腰が重かったんで。テイクダウンして一本取ろうと思ってたんですけど、なかなか。まだ、練習不足ですね。

相手の藤沼選手の印象は?
三浦広光:試合のビデオを観たんですけど、あんな感じだったので。良いところはよく分からないですけど、自分のペースで出来なかったので。もっと打撃も練習していかなきゃいけないなと思いました。

もしかしたら、今日の試合のキーポイントは打撃だったも知れない?
三浦広光:打撃も結構練習してたんですけど、まだ試合で使えるまでにはないので。今日は寝技で一本決めようと思ってたんですけど、滑って逃げられちゃって。また出直して来ます。

課題はあるようですが、これからの目標は?
三浦広光:『DEEP』で強い選手と闘って、良い試合を見せたいですね。