杉浦貴 vs 野地竜太
ヘビー級トーナメント唯一のパンクラシストとなった野地と、
現役のプロレスリング・ノアの王者杉浦の越境対決がトーナメントで実現!

2006.4.09 PANCRASE 2006 BLOW TOUR
メインイベント 第2代ヘビー級王者決定トーナメントBブロック第2試合 5分2ラウンド

自身初のメインイベント出場となった11月4日(金)後楽園ホール大会でポアイ菅沼(TWIST)と対戦。破壊力抜群のローキックで攻撃を仕掛け、スタンドの打撃戦では互角の攻防を見せた野地。対するは、プロレスリング・ノアから総合でも活躍する現GHCジュニア・ヘビー級タッグ王者・杉浦貴。
ヘビー級トーナメント唯一のパンクラシストとなった野地と、現役のプロレスリング・ノアの王者杉浦の越境対決がトーナメントで実現!
勝利するのは、空手で鍛えられた一撃必殺の打撃を武器にベルト獲りに臨む野地か?それとも杉浦がダイナミックなパンチと豪快な投げで王者への障害を全てブッ飛ばすのか?
準決勝に進む最後の一人を決める闘いはプロレス・格闘技ファン大注目のヘビー級戦!

杉浦貴 vs 野地竜太 杉浦貴 vs 野地竜太 杉浦貴 vs 野地竜太 杉浦貴 vs 野地竜太 杉浦貴 vs 野地竜太 杉浦貴 vs 野地竜太 杉浦貴 vs 野地竜太 杉浦貴 vs 野地竜太 杉浦貴 vs 野地竜太 杉浦貴 vs 野地竜太

×杉浦貴(1R 3:25、KO/スタンドからグラウンドへの顔面への踏みつけ)野地竜太○

PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006.4.09 ディファ有明大会結果

記者会見インタビュー

■ 坂本常務:プロレスリング・ノアから杉浦貴選手の4月9日ヘビー級トーナメントへの参戦が決定いたしました。事の経緯ですが、いろいろなプロレス団体、選手がいるなかで、こういう選手がパンクラスに参戦してもらえたら面白いだろうなとは日々考えてはいるんですが、その中で杉浦選手に非常に興味がありました。2002年『PRIDE』でのダニエル・グレイシー選手との試合を観させていただいて、やはりすごくいい選手だなと思いまして、ぜひうちに参戦して欲しいなという思いがありまして、さらにパンクラスMISSIONで鈴木みのる選手がノアさんにお世話になることもあります。また、2002年、2004年と2年おきに総合のリングに上がっているということで、これは2006年も出場ということで、今年しかないということで、ノアさんにお話させていただいたんですけれども、非常に快く承諾していただいて、とんとん拍子に話が進んだということで、今日の会見となった次第です。

■ 杉浦貴:こんにちは。まず、このような素晴らしい舞台を用意してくれたパンクラスさんに感謝します。そして、出場を認めてくれた三沢社長およびプロレスリング・ノアに感謝しております。

: パンクラスに対しての印象は?
■ 杉浦貴:パンクラスさんの印象は、かなり前のパンクラスをプロレス入る前に船木誠勝さんとか鈴木みのるさんとかのビデオを借りて観たりとかしていまして、すごい好きな団体の1つで、最近では近藤有己選手が年末出たりして活躍してるので、すごい魅力のある団体だと思っていました。

: 今回の参戦については?
■ 杉浦貴:今回の参戦については、オファーをくれたときにすごく嬉しくてですね、本当になんかワクワクするような感じでした。

: トーナメントということで当然優勝を狙う?
■ 杉浦貴:このベルトを見て、あー、かっこいいなとは思ったんですけど、優勝というのはまだ意識できなくて、とりあえず一回戦一回戦を一試合一試合を頑張ろうかなと思ってる次第です。

: 普段の練習は?
■ 杉浦貴:いろいろ変わるんですけど、高田道場さん行ったり、高阪さんのジム行ったりとか、キックのジム行ったりとか、日によってバラバラですね。

: 2年おきの総合参戦ということだが、意識はしている?
■ 杉浦貴:それは偶然ですね(笑)

: そろそろやりたいなと思っていたと?
■ 杉浦貴:結構たまっていましたね。

: トーナメントだと長いスパンで考えなければいけないが、プロレスとの両立は問題ない?
■ 杉浦貴:そうですね、あんまり先のことまで考えてないんですけど、勝ち進めば3試合できるということで、1年で3試合も総合の試合できるっていいなって思ってるんですけど。

: シリーズを欠場することはない?
■ 杉浦貴:試合が重なっちゃったらしょうがないですけど、その前後の試合とかは迷惑かからないようにプロレスの試合も出るつもりです。

: 三沢社長から何か言葉は?
■ 杉浦貴:直接は聞いてないんですけど、『まあ、いいんじゃない?』って感じでしたね。

: 斉藤彰俊選手などは?
■ 杉浦貴:斉藤さんはですね、頑張ってくださいみたいな感じで言われました。

(ここで対戦相手の野地竜太選手が登場)

■ 野地竜太:トーナメント1回戦ということですけれども、1日で全部やるわけじゃないんで、あんまり先のことは考えずに、この1試合で全力を出して、相手をKOすることしか考えてないんで、頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。

■ 杉浦貴:対戦する野地選手は、空手家の時代から知っていまして、すごい尊敬できるファイターだと思ってます。この試合ができるのを楽しみにしています。頑張ります。

: それぞれの相手に対する印象は?
■ 野地竜太:試合のVTRはまだ観たことはないんですけれども、経歴を先ほど見させていただいて、レスリングの経歴で素晴らしいものを持っていらっしゃるので、組み付かれたら非常にキツいものもあると思うし、自分としてはなるべく組み付かないで、打撃で行きたいっていう作戦なんですけど、組み付かれてからの練習もすごくやっているので、組み付かれたら組み付かれたなりの対処をして、またそこから立ち上がるなりやって戦いたいなと思っていますんで。思惑が全然違うと思うんで、観てる人はすごい面白い試合になるんじゃないかなと思います。

■ 杉浦貴:まったく僕はその逆の考えで僕は試合に臨みたいと思っているんですけど、いろんな選手から噂を聞くと、拳がすごい堅い、痛いぞって言われてるんで、KOされないように頑張ります。

: 杉浦選手は今GHCジュニアヘビータッグのチャンピオンだが、意識するところは?
■ 杉浦貴:いや、全然そういうのは僕の中で別物だと思っていますので、意識は無いです。

: 過去に一緒に練習したことがあるそうだが、その時の印象は?
■ 野地竜太:ほんの何回かなんですが練習させていただいて、その時は組み技だけの練習だったので、すごく力が強い方だなと思っていました。それからずいぶん月日も経っているので、また進化していると思いますし、僕も進化していると思うので、本当に当日が楽しみです。

■ 杉浦貴:空手時代からビデオを観ていたりしたので、初めて会ったときにすごい物静かな方で、礼儀正しい方で、ちょっと面食らった印象があります。

: その野地選手と対戦が決まったと聞いたときはどのように思ったか?
■ 杉浦貴:対戦相手は誰でも。総合出られるっていう嬉しさが大きかったので、その対戦相手が野地選手だろうがって感じですけど

: 杉浦選手、総合の練習はずっと続けていたのか?
■ 杉浦貴:いや、もうずっと。巡業出たらできないんですけど、オフの間はいつも練習はしていました。

: では、自信はある?
■ 杉浦貴:やってみないと分からないですね。

: 過去総合2戦やってみた経験から、今回戦い方で考えていることはあるか?
■ 杉浦貴:いや、もう今練習してることを試合に出せればいいかなと思っているだけですけど。

: 特別練習で取り組んでいる技は?
■ 杉浦貴:ないですね、それは。あんまり器用なタイプじゃないんで

: 今後、キャバクラは?
■ 杉浦貴:キャバクラですか?(笑) 2月の17日からまたシリーズ始まっちゃって、巡業出ちゃうんで、悪い先輩からの誘いをちゃんと断らないといけないと思っているんですけど、体調管理は、我慢して整えたいと思います。………1回ぐらい行くかもしれないですね(笑)

: 野地選手は、このトーナメントに賭ける意気込みは?
■ 野地竜太:ベルトがずっと空位で、1位にもなって、ベルト欲しいなと考えていたんですけど、負けちゃいましたけどね、去年ポアイ選手に。その後にこのトーナメントのお話いただいたんで、そうすると勝っちゃえばね、確実に手に入るものですし、3回勝てばベルトが手に入るというのがすごく明確な目標になっているんで、そういう意味ではすごくモチベーションが上がるといいますか、明確な目標が出来たんで、やりがいがあります。